スポンサーリンク

  • 記事一覧
  • 腰痛でも座るのが楽しくなるバックジョイ リーフ

腰痛でも座るのが楽しくなるバックジョイリーフ

Backjoy(バックジョイ)は、座ったときに最も負担のかかる腰(骨盤)をサポートする道具です。日本国内では医療機器としての認定を受けていませんが、アメリカではFDAによる認定を受けています。

腰痛の原因の一つに骨盤の傾きがあります。バックジョイはその骨盤が傾かないようにサポートしてくれます。仕組みは非常にシンプルで下の図のように 「テコの原理」 により骨盤を起こし、正しい姿勢を保持してくれます。

バックジョイですぐに腰痛が治まるわけではありませんが、正しい姿勢へと矯正するサポート力が働くので、よい姿勢を習慣づけることができます。医療器具ではありませんが、人によっては徐々に腰痛が軽減されるでしょう。姿勢の悪さが原因の腰痛には大きな効果があります。

Backjoyには素材の異なる ポスチャープラス(Posture+)と リリーフ(Relief) の二種類があり、それぞれに レギュラーサイズミニサイズ があります。

それぞれの差は、後述する「Posture+(ポスチャープラス)との違い」を確認してください。

FDA
FDAはアメリカ食品医薬品局のことです。アメリカの政府機関であり、日本でいうところの厚生労働省と考えてもよいでしょう。

Backjoy(バックジョイ)の使い方

  1. ここが一番大事なポイントです。お尻をバックジョイの縁(持ち上がっている部分)にあてるような感じで座ります。
  2. バックジョイとお尻に隙間が空かないように密着させます。少しでもお尻(骨盤)との間に隙間があると効果を得られません。
  3. 座ったまま落ち着くポジションに移動します。1と2が正しくできるとテコの原理で骨盤が起き上がり、背筋の伸びた正しい姿勢をサポートしてくれます。

公式・非公式など、色々な座り方の紹介がありますが、この方法はバックジョイを置く場所が木製や絨毯などの滑りやすい場所に限定されます。一度座ると移動しにくい場所では、最初から座るポイントを決めておく必要があります。

バックジョイの具体的な使用方法を動画で見てみる

最初の動画は日本の代理店、二つ目は本家BackJoy社が作成した動画です。文字で説明するよりは、この動画がわかりやすくてオススメです。

4:54
3:10

バックジョイ・リリーフの使用レビュー

私が購入したタイプはポスチャープラスなので、リリーフの具体的な使用感は分かりませんが、素材による座り心地と若干のサポート力の違いを除けば、使い勝手は同じだと思います。ここでは、一般的な使用感などをまとめています。

驚くのは背もたれがないのに、腰が支えられるだけで背もたれがあるかのように感じることです。少し大げさですが、背もたれがなくても楽に座り続けることができます。

デスクチェア(ワークチェア、オフィスチェア、など)で使うつもりでしたが、私の椅子の座面はモールドウレタンと呼ばれる一般的なクッション性のある座面でした。バックジョイは「テコの原理」を利用するため固い座面ほど腰のサポート力が強くなります。

モールドウレタンはそこまで柔らかい素材ではないのですが、堅めの座面で使うのと比較してかなりサポート力が落ちる感じです。上のイラストのように座面の種類により効果が変わります。メッシュについては、張りがある状態であればと言う条件付きです。

公式サイトでは柔らかい場所でも使えるような説明がありますが、個人的には柔らかい場所でのサポート力は物足りません。しかし、あるのとないのとでは比較にならないほどの差があることも確かです。

深く沈むソファでのご使用はバックジョイのそりあがった部分の下にタオルなどを丸めて敷くとより効果があります。

Backjoy Japan | よくあるご質問

代理店のサイトにこのような説明があります。確かに腰を支える部分に何かを差し込めば柔らかい場所でも効果的に利用できます。

フローリングで使うと快適

結局どこで利用しているかというと、フローリングの部屋です。バックジョイを使うまでは背もたれ付きの座椅子に座っていたのですが、気がつくと腰が前に出て姿勢が悪くなり、腰が痛み出すというのを繰り返していました。

バックジョイがあると姿勢が崩れず腰も支えてくれるので、背もたれがないにも関わらず割と長い時間座っていても平気です。といっても、背もたれがないので、座椅子と比較すると楽ではありません。それでも、すでに床に座るのが苦痛になりかけていた状態だったので、まさに救世主のようなグッズです。最初は椅子で使うつもりでしたが、これはこれで結果オーライです。

どこでも持ち運べる

Relief(リリーフ)のレギュラーサイズで 370g となっています。缶ジュース一本分なので持ち運びも苦になりません。大きさはそれなりにあるので、大きめのバッグは必要です。出かけ先で座る必要があれば持って行くようにしています。少し恥ずかしいですが、腰痛を気にしながらでは何も集中できません。

バックジョイ・リリーフの注意ポイント

バックジョイを使用するにあたり、いくつかの注意ポイントがあります。

椅子の座面や床が傷む可能性があります

テコの原理が働くのでバックジョイの中心部に体重がかかります。公式サイトにも説明がありますが、やや固い素材なので畳やフローリングにそのまま敷くと、凹みや傷の原因になる可能性があります。これは、椅子やソファについても同じです。ただ、あくまで傷みそうだなと感じるだけで、今のところ問題になるような傷みは発生していません。

構造上若干のクッションがないとグラグラと不安定となるなので、フローリングで利用する場合はカーペット・絨毯・ラグを敷くとちょうどよい具合になります。

長期間使用した場合の傷や凹みは気になりますが、少しでも腰痛が和らぐ方が大事かなという気持ちで使っています。

自動車で使う場合

バックジョイは自動車のシートにも利用できることもアピールしています。ただし、これも椅子の堅さで効果が変わります。張りのある堅めのシートであれば腰(骨盤)をしっかりとサポートしてくれるでしょう。

ポスチャープラスの表面樹脂は変形しやすいとの注意書きがあります。リリーフであれば問題ないようです。ただプラスティック製品ですので、夏場など高温が気になる場合は、面倒ですがその都度持ち運ぶようにしましょう。

丸洗いできません

リリーフはクッションがついている関係で丸洗いができません。もしお手入れをする場合は、軽く絞った布などで汚れを拭き取り、陰干しします。ポスチャープラスは全体がゴムのような素材なので丸洗い可能です。

どのサイズの選ぶとよいのか?

体重が 60kg 以下の場合はミニサイズ、それ以上であればレギュラーサイズが目安となります。購入者の感想によると単純に「男性だからレギュラー」「女性だからミニ」というわけではなさそうです。お尻の大きさにもよりますが、男性であってもフィット感を重視するためミニを選ぶ人もいます。ミニとレギュラーの違いは大きさと重さだけとなっており、定価は同じです。

公式サイトによると「ミニサイズは小学3・4年生位の約30㎏から60kg未満の方に向いています。」となっているので、明らかにお尻が小さくなければレギュラーサイズでよいのかもしれません。

 レギュラーサイズミニサイズ
サイズ幅:約32.5cm / 長さ約38cm幅:約27.5cm / 長さ約34cm
重さ約370g約300g

体重が60kg前後で迷ったときは

ミニとレギュラーの境目が60kgなので悩むところですが、公式サイトによると以下のようにしてサイズを選択すると良いようです。

  1. 交互に座ってみる
    • ミニ レギュラー ミニ
      • 正しい位置に座ることが比較のポイントです。
  2. 座り心地を確認
    • レギュラーサイズに座って以下のように感じたらミニサイズを選択します。
      • ぐらつき感が気になる。
      • 骨盤の支えが弱く感じる。
      • お尻とバックジョイの間に隙間ができる。
  3. ミニサイズに座って以下のように感じたらレギュラーサイズを選択します。
    • 縁の圧迫で太もも裏に違和感を感じる

しかし、どこにでもある商品ではないので、気軽に試すことができない方がほとんどだと思います。販売店やレンタルについては「どこで購入する?」を参考にしてください。

Posture+(ポスチャープラス)との違い

Backjoy(バックジョイ)は、このRelief(リリーフ)以外に、材質の異なるPosture+(ポスチャープラス)があります。

違いは材質にあり、サイズは全く同じです。重さは素材の違いから80gほどリリーフが軽く、若干のクッション性があります。ポスチャー・プラスはゴムのような素材なので、暑い時期はお尻が蒸れますが、リリーフはある程度の通気性があります。

リリーフは表面がクッションで覆われていますが、ポスチャー・プラスはゴムのように滑りにくくなっています。この素材の違いが使用感で大きな差になります。

座り心地はクッション性のあるリリーフが優れていますが、骨盤のサポート力は滑りにくくフィット感抜群のポスチャー・プラスが優れています。

どちらを選ぶかは、上記の違いを考慮すればよいでしょう。ポスチャー・プラスは丸洗いできるというメリットがあります。

それぞれの特徴は、以下の様になります。

  • Relief(リリーフ)
    • 材料は低収縮クッションの採用で心地よい柔らかさ。
    • 高湿度にも強いので車の座席にも。
    • 通気性の良いメッシュ加工。
    • 軽量で持ち運びがらく。
  • Posture+(ポスチャー・プラス)
    • 超軽量発泡素材クローズド・セルを表面に使用。クロックスシューズと同じ素材。
    • 汚れを洗い流したり、拭いたりできるので衛生的。
    • 豊富なカラーで美しい姿勢づくりに着目している女性にもおすすめ。
    • お尻が滑らずズレにくい。

ReliefとPosture+との比較

製品名骨盤を支える力お尻がズレない丸洗い通気性車の座席
Relief(リリーフ)
Posture+(ポスチャープラス)1
  • 1.夏場などの高温下では変形する可能性があります。
 Posture+
ポスチャープラス
Relief
リリーフ
定価(税抜)¥5,219¥4,742
大きさ幅約32.5cm / 長さ38cm
重さ約450g約370g
カラー8色 - ウォルナット、サーフ、マンゴー、ライムグリーン、ブラック、レッド、フーシャ、シーブルー2色 - ブラック、ネイビー
材質合成ポリマー、裏面:合成ポリプロピレン、表面:EVA中材:ナイロンプラスチックベース、裏面:合成ポリプロピレン、詰め物:ウレタンフォーム、表面:ポリエステル繊維94%/ポリウレタン6%

ポスチャープラスの詳細は バックジョイ・ポスチャープラス を確認してください。

どこで購入する?

ネット通販であれば、公式直販やAmazonで購入することができます。他にも東急ハンズネットストアで購入可能です。

安い商品ではないので実際に触って試してみてから購入したいと思うでしょう。しかし、主な取り扱い店舗は東急ハンズやロフトとなるため、誰でも気軽に実物を確認することはできません。

公式直販で購入すると定価となり送料も必要になりますが、他では取り扱っていないカラーやデザインのバックジョイが手に入ります。

Amazon.co.jpアソシエイトおよびProduct Advertising API

当サイト(sayonara42.com)は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

本サイト(sayonara42.com)で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン株式会社またはその関連会社により提供されたものです。かかるコンテンツは、お客様に「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

楽天ウェブサービス

このサイトで掲載されている情報は、sayonara42.comの作成者により運営されています。価格、販売可能情報は、変更される場合があります。購入時に楽天市場店舗(www.rakuten.co.jp)に表示されている価格が、その商品の販売に適用されます。

実店舗で試すことができなくてもレンタルがあります

近くに取り扱い店舗がない場合、公式サイトの「2週間のレンタルサービス(540円)」を利用してもよいでしょう。送料無料であり、返却時は佐川急便の着払いなので、支払いは540円だけです。支払いはクレジットカードのみとなっています。

レンタル用の数が少ないためか常にレンタル中となっているようです。たまに在庫ありとなっているので、サービスそのものは行われています。もし、レンタルが必要であればこまめに確認する必要があります。残念ながら予約はできません。

引用または参考にしたサイト
2012 HGG – Backjoy review - Double Duty Mommy / BackJoy Japan - BackJoy Japan / Backjoy Posture - e-Wellness / Back Joy Reviews Show Complaints, is it a Scam? - Best Reviews / TwinTessentials

Twitterでのコメント

    • 腰痛対策グッズを買おうと思ったけど多すぎて何がいいのか分からない〜。バックジョイが気になるのでLOFT行って試しに座ってこようかな……

    • 職場ではBackjoyを使い、 家では小型マッサージ器を毎日20分当てて 月に1回整骨院に通い、針を打ってもらって腰を守ってます。 体の中で一番コストがかかっている部位ですが、腰をやられると 数日間なにもできなくなります。 腰痛持… https://t.co/MF6auxJBbJ

    • リリーフのBackjoy持ってたけどポスチャーも買ってみたら一生座りっぱなしな人間はこっちのがフィットしていいな。全国の腰痛好き、腰痛を愛する者たち、腰痛を憎む者たち、全ての腰痛関係者に伝われ 。

    • ニトリのベジバッグ、外側のポケットのハトメを壊して縫い目をほどくとちょうどバックジョイという腰痛対策デカクッションを収納でき、バック内に箱などを入れて仕切りにするとPCも入るし本も折れないので、最強作業用カバンとなるのでおススメです

    • 会社のお高い椅子がどうしても腰にあわず腰痛が悪化した結果社内にあった一番安い丸椅子(背もたれなし)にバックジョイ置くという状態に落ち着いたので、私高い椅子合わないんじゃ疑惑がある。椅子変わる前のいかにも安いオフィスチェアは別に腰にこなかったからなぁ

      杉 @sugi_801 | 2018/07/24
    • ずっと座りっぱなしだと腰が凝ってこのままじゃいつか腰痛になりそうだなって思ってたけど、たまたま以前に買って肥やしになってたバックジョイ使ったら嘘みたいに腰が変にならなくなったので良い椅子を買えない方にオススメしたい(それでも五千円くらいするけど)

    • 座り方の話でリプにもあるけどバックジョイお勧めですよ。弱点は夏だとややむれやすい所ぐらいw家でこれ導入してからは腰痛の頻度減った。腰回りの筋肉つける為の運動もしてるけど…

      九夏 @kyuu_ka | 2018/07/24
    • Backjoyを使い始めてから腰痛がかなり軽減された気がします。いよいよ僕の腰痛生活に欠かせないアイテムになりそうな気がしてきましたので、本格的なBackjoy腰痛生活を送るために更なる部屋の模様替えに着手し始めようと思います。

      ひし @hisibird | 2018/07/24
    • 座ってる間の腰痛がほぼほぼ無くなりました。Backjoyの効果かどうかは正直分かりません。ですので事実だけお伝えします。座っている間の腰痛がほぼほぼ無くなりました。

      ひし @hisibird | 2018/07/24
    • 腰痛用グッズBackjoyがなかなかの性能なものの、畳はこういうのにやはりというか弱いようなので「座っている部分の畳を一畳分だけでもよいので床張りっぽくできまいか」とプチリフォームと言っても良いさらなる部屋の模様替えを考え始めるひしさん。

      ひし @hisibird | 2018/07/24
    • 家で使ってなかったバックジョイをデスクの椅子に設置して腰痛は緩和できたんだけど今度は素材が硬くてケツが痛い

    • Backjoy使いだして二週間ちょい立つが、これ本当に腰に良いな。 腰痛が本当に改善されたわ。 長い時間座ってても痛くない

      yuki @yuki476 | 2018/07/24
    • バックジョイいいよー。私は蒸れにくいメッシュタイプにしたけど最初の効果わかりにくいけど数ヶ月使った後に試しにバックジョイ外したらどんだけ腰を労ってくれてたのこの子!って感動した。座り方にコツがいるけど、腰痛さんとバイバイできた。

      空 @s0ra720 | 2018/07/24
    • バックジョイ!2つ買った!ひとつは私の、もうひとつは職場のSちゃんの代行分。職場の椅子が新しくなったのだが、椅子に罪はないがこの椅子では期末を乗り切れぬ!(腰を痛めた)先行して使っていた人のを借りて座ってみたらかなり楽でした。腰痛持ちの長時間座り仕事の人にオススメです。

    • BackJoy、腰痛持ちの人が猛烈におすすめしてたから導入してみたが、たしかに快適になるわ。 最近、真面目に机に座って勉強してるせいで腰への負担がいつもより酷くてな_:(´ཀ`」 ∠):_

      yuki @yuki476 | 2018/07/24
    • 初売りでバックジョイ安くなんないかな…腰痛はほんと気をつけないとね…こないだの渋滞の時すこしヤバかったし…

    • fitbitで睡眠データとってるんだけど、腰痛対策でバックジョイを導入してから約2週間くらいで睡眠の質が劇的に改善してるような傾向を感じる。体感とも一致してる。可視化するとさらに面白い結果がわかるかもしれない。

    • 近所のLOFTに椅子の上に置く腰痛予防のグッズを試しに行って、Backjoyを買おうと思ったけど、レギュラーとミニ、ポスチャー+とリリーフグリップどうしようと悩み決められず。 ネットで調べたら更に決められないw

      nakama @be_be30 | 2018/07/24
    • 寒くなってきたので、腰の痛みがある人はつらい時期になってきました。 腰痛は部屋の温度と、筋肉の緊張が1~2位を争う大敵とされているので、 まずは部屋の温度を温め、適度に席を立って、筋肉をほぐしてやるのが一番だと思います。 それでもダメな場合は、バックジョイで、常に動かしませう。

    • ストレッチポールとバックジョイでだいぶ仙骨の歪みと腰痛予防になると思う

      ちの @pri_ct | 2018/07/24
    • どうも柔らかすぎて腰痛を起こしやすいリビングソファがあったんだけれど、それも「バックジョイ」を乗せて使うと、(バックジョイごとめり込むけど)そこそこ効果がある感じ。体が左右にゆがみにくくなるのね。ありがたや…

    • 腰痛持ちではないけど仕事中に足を組む癖をなくしたくてバックジョイを導入しました なんかちょっと腰回りが疲れる…どこかが鍛えられてるのか、座り方が悪いのか どっちだろ

      茅間 @kayama_ | 2018/07/24
    全てのツイートを見る